次世代建築積算ソフトウェア ZUKARAKAZU「図から数」

図面をスキャンして、そのレイアウトをなぞるだけで、見えないところまでの部材を自動で拾い、建築本体はもちろん、基礎工事、足場に至るまで自動積算し、原価計算書や見積書等の帳票を出力します。

ズカラカズは、積算作業時間を大幅に短縮した次世代拡算型の積算ソフトウェアです。

図面をスキャンしてなぞるだけ

積算作業時間を大幅短縮

煩雑な手拾いも必要なく、図面をスキャンしてなぞるだけで、素早く原価計算書や見積書が出力できます。

建築専門知識がなくても積算が可能

独自のソフトウェア技術とやさしい操作性により、建築専門知識がなくても積算が可能になりました。

区画について

図面をなぞるだけで積算を行うために「区画」という概念を取り入れました。「ZUKARAKAZU」での区画とは、壁と天井と床で囲われた一つの立方体のことで、各部屋の事を指します。

その部屋の壁面の下地材、仕上げ材は何か?同じく天井面、床面には何の部材を使うのか?

これらの設定を最初に行う事で、積算時に各部屋に該当する区画名称を選択し、その区画を図面通りになぞるだけで、あとは自動で積算・集計します。積算結果は各工事別に振り分けられ原価計算書が作成されます。

区画以外で積算するもの